2008年12月6日土曜日

パップン・ファイ・デン (空心菜の炒め物)


タイ料理です。空心菜の炒め物は中華でもよくありますよね。ナンプラー使うところが、タイ料理?                           
しかし、我が家には空心菜など無いので、代わりにほうれん草と小松菜の『茎の部分だけ』を使用。これで何となくそれっぽくなります(笑)。小松菜の方が、太くてそれっぽいかなぁ?                   
                                              
                                             
にんにくみじん切りと、青唐辛子のみじん切りを一緒にしておきます。赤唐辛子でも良いですよ。     
    
調味料は、ナンプラーとオイスターソースを、『1 : 2~3』くらいの割合で。
『タオチオ』というタイの味噌も混ぜたりするらしいですけど、これまた無いのでチリ・イン・オイル(ナム・プリック・パオ)を混ぜてみましたが、味見をしたらえらく魚臭くて塩っ辛かったので、少し赤味噌を足して落ち着かせました。
ちょっと濃い味付けですが、葉と違って茎の部分は味が絡みにくいので、まぁこんなもんかな?
                                                               
『ファイ・デン』は『真っ赤な炎』という意味。その名の通り、とにかく強火で炎が立つくらいに炒めるそうです。この辺も中華料理っぽい。タイも華僑が多い国だから、融合されてる料理がたくさんありますね。                                                              
フライパンに油を入れ、とにかく熱くしたところに、にんにく&青唐辛子を投入!
すかさず野菜を入れて、ひたすら強火でザッザと炒める。                             
普通は、炒めたところに調味料を回しかけたりするのでしょうが、もたもたして歯ごたえがなくなってしまうのを恐れ、あらかじめ野菜と調味料を軽く和えておきました。そしたら野菜を入れるだけで済みますから。
炒め時間も、ほんの少し。だいたい、ほうれん草なんて生でも食べられるんだから、サッと火が通れば良いのよ(笑)。                                            


←コレは、皮が黒く変色したバナナを使って焼いたバナナケーキ。美味しかったので、ついでに写真撮りました。
型は牛乳パックにクッキングシートかぶせただけ(笑)。
      (ハルクママ)

2 件のコメント:

たけわか さんのコメント...

タオチオとかチリインオイルとか、知らない調味料が出てきたぞっ。新しいスパイスや調味料を使ってみるのも楽しいですね~。早速買い出しだい!!

ハルクママ さんのコメント...

たけわかさん
知らない調味料買うと、ウキウキします(笑)。使いこなせるようになるには、私の腕では時間がかかりすぎるのが難点だけどね~(苦笑)。
…醤油や味噌ですら、使いこなせてないし(苦笑)。