2008年7月28日月曜日

ハルクママのカレーレシピを作ってみた。

たけわかです。
実はこのカレーを作るのは4度目。もっとかな。
色々と気づいたことや、疑問に思ったことなどをまとめておきますね~。





今回は作り置きしたカレーベースを使いました。一気に大量のタマネギを炒めてトマトを加え、3袋ぐらい作っておくと非常に便利です。





 鳥肉を使うなら骨付き肉に限ります。唐揚げ用を使ったら、もうひと味欲しい感じでしたし、骨付き肉は安価に買えるし、一番のおすすめです。ヨーグルトが無かったので牛乳入れちゃったけど(笑)、やっぱりヨーグルトの方がカレーに風味がついて美味しいです。あと、漬け時間は長いほど美味しくなりるので、最低一時間は必ず漬けてください。
 インド料理屋に行くと、鶏肉が生から茹でた味がしますが、私は生臭い感じがして苦手なので、鶏肉を焦げ目がつくまでしっかり炒めています。スパイスがついて焦げやすいので、テフロン鍋を使用することをおススメします。うちはテフロン鍋がないので、フライパンでじっくり炒めて、鍋に合流させています。カレー専用鍋が欲しくなっちゃうわ。

 煮込みが難しいのです。沸騰させ続けるといっても、がんがん対流がおこってしまうとスパイスが溶けないので良くないです。弱いとすぐに油が分離する… 
油を分離させないというのは、イタリアンでオリーブオイルを乳化させる原理と同じ?もしそうなら、ここって料理の肝ですよね~。
 それから煮込み用スパイスの材料に「コリアンダー 大さじ5」とあります。私はつぶつぶとして食べにくいなあと思っていたのですが、ハルクママさんにお聞きしたところ、それは煮込み時間が足りないということでした。時間をかけてコリアンダーを溶かすと、もっと味わい深くなるんだそうです。またすぐトライしてみますよ(笑)どうしてもすぐに食べたくなっちゃうのよ~。いかんいかん。 骨のコラーゲンをしっかり出すためにも、じっくり長く煮た方が美味しいのです。



 できあがり。画像が悪いのでなんか変な色に写っていますが、もっときれいな赤っぽい色をしています。夏なので、雑穀米などで食べるとのどごしがあっさりして気にいっています。
 ああ、また食べたくなってきましたよ。





2 件のコメント:

ハルクママ さんのコメント...

何度も作って頂いたそうで…、感激!
骨付き肉の方が、出汁がでて美味しいですよね、やっぱり。
本当は、鶏がらで出汁(ストック)を取るにこしたことはないのでしょうが、これでも充分美味しいです。

コリアンダーの量は、確かに多すぎるくらい多いですね(笑)。
ヨーグルトの漬け込み液にも山盛り入れてあるし…。

コリアンダーは『煮込めば煮込むほど美味しくなるスパイス』なのです。
煮込みが足りないと、かえって不味い。

沸騰のさせ方は、『小さな泡が、ポコポコでるくらい』で良いと思います(ワンポイントアドバイスにも追加しときました)。

ガラムマサラ入れた後も10~15分煮込みます(これも追加した)。
ここまで煮込み時間を取れば、たぶん大丈夫!?

味とトロミをつけてくれるスパイスなので、出来上がりがサラッとしたのが好みならば、あらかじめ減らしておいた方が良いでしょうね☆
私のレシピでは、結構ドロっとします。

たけわか さんのコメント...

鶏ガラかぁ…
鶏ガラは安く手に入りますが、この暑い時に煮込むのはつらいっすね~。
沸騰は「ポコポコ」でいいのですね。やってみます~。